二条市場について

about us

二条市場への地図
●札幌テレビ塔から ……………………………………………………………… 徒歩5分
●札幌大通公園から …………………………………………………………… 徒歩5分
●狸小路商店街(1丁目)から ………………………………………………… 徒歩1分
●千歳鶴酒ミュージアムから …………………………………………………… 徒歩6分
●札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前」駅下車
 …………………………………………………………………3番出口から … 徒歩5分
●札幌市営地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」駅下車
 ………………………………………………………………34番出口から … 徒歩5分
●札幌テレビ塔から ………………… 徒歩約5分
●札幌大通公園から ………………… 徒歩約5分
●狸小路商店街(1丁目)から …… 徒歩約1分
●千歳鶴酒ミュージアムから ……… 徒歩約6分
●札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前」駅下車 ……………………3番出口から… 徒歩約5分
●札幌市営地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」駅下車 ……………34番出口から… 徒歩約5分

二条市場物語
二条市場物語

二条市場って、どんなところ?

125 年以上の歴史を持つ、札幌市民の台所として親しまれてきた市場です。 朝は8時から夕方6時ころまで、北海道の新鮮な魚介類や加工品、野菜や果物などが豊富に並びます。とれたての海の幸をその場で味わえる店や、個性的な飲食店、土産物店なども軒を連ね、観光客から地元の常連客まで幅広い客層で連日にぎわっています。

二条市場の歴史写真
二条市場の歴史写真

その成り立ちは?

二条市場は、明治初期に石狩浜の漁師が石狩川をさかのぼり、この付近で新鮮な魚を売ったことが発端といわれています。当初は創成川対岸の西1 丁目にあった魚売りの一部が、創成川を渡った東側にも店を開き、13 軒の商店による「十三組合」ができ、今の二条市場のはじまりとなりました。

大火災を乗り越えて

明治35 年(1902 年)、市場は大火災に見舞われ、一帯が焼け野原となりました。その後、1 年近くも空き地の状態が続きましたが、有志によって再建。明治43 年(1910 年)には東2 丁目まで伸び、市場は札幌の名物となりました。

現在の二条市場の写真